カートへ進む

サイト内検索

うまさへのこだわり

厳選された材料
鳥海山からの贈り物
標高2230m、秋田の誇る名峰 鳥海山は、巨大でしかも繊細な自然の宝庫です。日々刻々と表情を変えるこの山は、地元の人々の生活と深く関わりあってきました。この鳥海山の水とつぶよりの米から美酒天寿が誕生します。
鳥海山にある中島台の森は、ブナの豊かな森が水を浄化しており、清らかな水をつくりだしています。水温は湧水であるため、7度で一年中水温は一定しており、豊富な水量と一定温度の水のため、県の天然記念物にも指定されている、世界でも希有な「鳥海マリモ」というコケの生息を可能にしています。
この鳥海山の万年雪が生み出す清らかな水が伏流水となって地元に湧き出し、初めて天寿のお酒が出来上がるのです。
---
酒造りは、米作りから
地の酒としてその土地でできる最高の品質を目指し、米作りから心血を注いでまいりました。
天寿酒米研究会とは?
天寿の原料米・酒こまち・美山錦はすべて「天寿酒米研究会」の栽培によるものです。
この研究会は「自社の使用する酒米は地元で確実に確保する」という目的のもとに昭和58年に設立したことがはじまりです。構成メンバーは蔵人を中心に、地元の一般農家の協力もあり、二十年以上もの歴史を誇っています。
また、無農薬栽培にも取り組み、より良質の酒米を作り続けています。厳しい寒さの中、原料米を有効に使い、軟水を巧みに生かし、温和でキメの細かいまろやかな芳香と風味を生み出しています。
鳥海山
清らかな伏流水
天寿酒米研究会
(c) Tenju Shuzo co., ltd.